トップページ  >  お知らせ一覧  >  啓発推進委員会が発足しました

お知らせお知らせ一覧へ

2015.03.10
啓発推進委員会が発足しました

一般社団法人日本ワークルール検定協会に「啓発推進委員会」という新たな組織が発足しました。
この組織は、ワークルール検定を今後、より広く普及、啓発していくために結成されたもので、その第1回目の会合が2月19日、連合会館で開かれました。
メンバーは、労働法学の専門家や弁護士、厚生労働省OB、経営者団体や労働組合の役員OBなど多彩な方々です。
働く人たちだけでなく、経営者・管理者、学生など、多くの方々にワークルールを広めていくため、大きな力となっていただけることと思います。

◆啓発推進委員(敬称略、五十音順)
浅倉むつ子(早稲田大学大学院教授)
安西  愈(弁護士)
石田  眞(早稲田大学大学院教授)
上西 充子(法政大学大学院教授)
大福真由美(元電機連合書記長)
鈴木 俊男(前ILO理事〈使用者側代表〉)
田川 博己(JTB会長)
南雲 弘行(前連合事務局長)
西谷  敏(大阪市立大学名誉教授)
長谷川真一(前ILO駐日代表)
平田 美穂(中小企業家同友会全国協議会事務局長)
宮里 邦雄(弁護士)
渡邊  信(元厚生労働審議官)